品方小館で鍋貼(焼き餃子)と台湾ビール

日本では餃子と言えば焼き餃子ですし、ビール+餃子は一つの文化になっている印象です。しかし、台湾では水餃子の方がメイジャーです。

水餃子は「水餃」でわかりやすいのですが、焼き餃子は焼餃ではなく「鍋貼」です。鍋貼と言われても何のことかわかりませんが、餃子を焼いた時に鍋に貼り付いて剥がすのが大変な状況を思い浮かべるとイメージが合ってきます。

台湾でもたまに焼き餃子も食べたくなります。行きつけのタップルーム 啜飲室 で焼き餃子の話をすると、すぐ近くの「品方小館」を教えてくれたので、この日の〆に行ってみました。

品方小館

品方小館

品方小館はチェーン店ではないようですが、チェーン店の「四海遊龍」や「八方雲集」と似たような感じです。四海遊龍と八方雲集は別途エントリーしましょう。

品方小館

品方小館

伝票の漢字を見て想像しながら数種類の鍋貼を注文しました。形は春巻きに近く、かなりボリュームがありました。

ビールは自分で冷蔵庫から持ってきます。食事しながらお酒を飲む習慣が少ない台湾では、瓶や缶の台湾ビールしかない店が多です。

品方小館

品方小館

どこのお店も鍋貼はこのような鍋で焼いています。

品方小館

品方小館

醤油は数種類ありましたが、日本の醤油に近そうなものを選んでしまいました。日本で見ないものを試せば良かったと、後で思いました。

品方小館

品方小館

訪問(写真)は 2015年5月です。

品方小館

https://www.facebook.com/pages/%E5%93%81%E6%96%B9%E5%B0%8F%E9%A4%A8/241767872501034

106台北市大安路一段3號
+886 2 27755511

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする