Bar TCRC 前科累累俱樂部

 

台湾で一番好きなバー 「 Bar TCRC 前科累累俱樂部」の紹介です。台湾南部の古都「台南」にあります。台南は日本では京都のようなところで、気候が良く(暑いですが雨は少なめ)、時間の流れがゆっくり、食べ物が美味しく(かなり甘いです)、物価が安い印象です。(お酒は安くないです) 台北からは台鐵(在来線)で 4時間程度、高鐵(新幹線)で 2時間程度です。

 

Bar TCRC 前科累累俱樂部

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC は台南駅から 1.5Km ほどの「新美街」にあります。新美街は歴史の古い場所で、現在は古い民家などをリノベーションしておしゃれなカフェが多くあります。この TCRC も古い民家をリノベーションしたものです。新美街についてはこの記事の最後に書いています

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

普通は TCRC と呼ばれていますが、中国語名は「前科累累俱樂部」です。何か特別な意味がありそうですが、実は「前科」も「累累」も日本語と同じ意味です。前科者が積み重なってたくさんいるような感じですが、そんなに危ない場所ではありません。

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC は2016年と2017年に Asis’s 50 Best barsに選ばれていますので、台南だけではなく、台湾を代表するバーでもあります。地元の食材を使った独創的なカクテルが特徴なので、オリジナルカクテルを楽しむのもお勧めです。

 

Bar TCRC の予約は

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

人気店ですので、曜日によっては予約で満席になります。ここではいつも「客滿」のサインを見ます。この方々はこの表示に残念がっている感じでしょうか。

しかし、事前の電話予約は受け付けていないので開店前に並ぶしかありません。20時の開店時間の 1時間以上前から並んでいる人が多いようです。

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

預約已滿は予約満席。このサインが出たら諦めるしかなさそうです。

ちなみに、私 (shibu@日本人喝台灣)はこのお店から顔パス認定を受けていますのでいつでも入れます。

 

Bar TCRC のドリンクと店内の様子

 

しばらく、ドリンクと店内の様子を多くの写真でご覧ください。その後、 TCRCと臺虎精釀ののコラボビールの紹介と TCRCのある場所、新美街についての話題と続きます。

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

 

もくじに戻る

TCRC と臺虎精釀のコラボビール「餞男醋女酸啤酒 番茄蜜餞酸啤酒 TOMATO+PLUM GOSE」

webの情報でこの「餞男醋女酸啤酒 番茄蜜餞酸啤酒 TOMATO+PLUM GOSE」 の発売を知っていましたが、コロナ禍(COVID-19)の影響で飲めなくて残念だと思っていたところ、Taihu Tokyo で販売開始されたので日本で飲むことができました。

 

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

 

番茄蜜餞はトマト飴、酸啤酒はサワービールの意味ですが、英語では GOSE となっています。飲むとサワーとゴーゼ、両方の特徴を感じます。梅からの酸味や梅と塩から梅干しのような風味、トマト飴の甘味など複雑な味だけどよくまとまっています。

 

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

 

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

 

ビール名の「餞男醋女」の餞男は発音が同じ賤男の当て字で意味はいじわる男、醋女はやきもち女で「いじわる男やきもち女」になります。

 

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

 

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

餞男醋女酸啤酒虎 臺虎 X TCRC

この船には臺虎のヘッドブルワー ウイニー さん、社長のピーターさん、バーの方々が乗っています。右奥の方がいつもお世話になっているミャオさんです。

 

もくじに戻る

新美街

 

Bar TCRC

Bar TCRC

 

Bar TCRC のある場所は台南駅から 1.5Kmほどの「新美街」と呼ばれる地区で、台南では古くから栄えた場所です。歴史的建造物も多く、現在は古い民家などをリノベーションしたおしゃれなカフェが多く、フォトジェニックな路地アートが多くあります。

 

新美街

新美街

 

近くには、多くのカフェや赤崁楼、祀典武廟などの観光スポット、タピオカの発祥と言われる店などがありますが、これらの紹介は別の記事にします。

 

新美街

新美街

 

このアートは有名な画家「許荷西」氏の作品だそうです。作品名は「新美街125巷」と呼ばれているそうです。

 

新美街

新美街

 

案内板がありました。これによると、新美街は全長約600mの台南で一番古い道で昔は重要な道だったそうです。3つのエリアからなり、北部が、米街、中部が抽籤巷(おみくじ通り)、南部が帆寮街と呼ばれていたそうです。

 

Bar TCRC

Bar TCRC

最後に昼の Bar TCRC。夜はこの辺りは暗く、TCRC だけが明るく浮き上がっているので、昼の姿に夜の面影は感じません。夜に盛り上がっていた場所とは思えず、常連でもこれを見て TCRC だとは気づかないかも。

 

もくじに戻る

 

Bar TCRC 前科累累俱樂部
https://www.facebook.com/TCRCbar/
台南市中西區新美街117號
+881 6 222 8716
20:00 開店
日曜日休み

 

Taihu Tokyo 二階に台湾食堂がオープン

Taihu Tokyo はグランドオープンに先駆けて8月にフードの提供が開始されました。9月には 2階の台湾食堂、ボトル(缶)の販売もスタートしました。2階の台湾食堂は白色基調の内装に銀色のアルミのテーブルと椅子で台湾の食堂そのものでした。現在はソーシャルディスタンスを確保した配置になっています。

Taihu Tokyo

臺虎精釀の日本初上陸から二年半、いよいよ東京・神楽坂に直営のタップルーム「Taihu Tokyo」が6月10日にオープンしました。現在はプレオープン中でドリンクのみの提供、9月頃にグランドオープンの予定です。 Finally, Taihu Tokyo has started its soft opening on 6/10/2020, and the grand opening is scheduled for Sep.

高雄・啤酒(ビア)散歩 Part 2 [Beer walk in Kaohsiung Part 2]

高雄のビア散歩シリーズ第二段です。「ビア散歩シリーズ」では、訪問回数の少ないお店、インタビューしていないお店、詳細な記事の準備中のお店をいち早く簡単に写真中心、文章少なめで紹介します。 「啤酒散步系列」為您介紹拜訪次數較少、尚未直接採訪,以及即將刊出正式報導的店家的以照片為主的簡單記事。

高雄麥酒工房 Kaohsiung Brewery [浪人酒造手作麥酒工房 Surfer brewery]

高雄を代表するブルワリー、「高雄麥酒工房」の紹介です。ブルワリーの名前は  2019年4月に 「浪人酒造 手作麥酒工房」から改名されています。「浪人」は日本語の意味とは違い、サーファーのことです。サーファーでもある 麥可蔡[通称:Micheal (マイコー)] さんの経営するタップルームです。

蔡氏釀酒 tsai’s actual brewing

2017年5月にオープンしたアミューズメントパークのようなブルワリー&レストラン「蔡氏釀酒 (Tsai's actual brewing)」 を紹介します。80枚以上の写真と1本の動画があります。 訪問は 2018年の11月です。情報は全て 当時のものです。

「福虎祭 2018」臺虎精釀ブルワリーの二周年イベント TAIHU 2nd ANNIVERSARY

臺虎精釀ブルワリーのオープン二周年記念イベント 「福虎祭 2018」 が 2018年6月7日にブルワリー 臺虎 Lab. で開催されました。[この記事の投稿日はイベントから既に一年以上経ってしまいました(^^;。 三周年記念イベントは明後日の 2019年6月1日に開催です。詳細はこの記事の最後で。]

浮光精釀啤酒 Floating Light

台湾のタップルームやボトルショップでよく見かけるようになってきた新しいビールのブランド、「浮光精釀啤酒 (Floating Light)」の紹介です。浮光精釀啤酒のビールはどれも品質が高い印象で気になっていました。「浮光精釀啤酒」は2012年に設立された「瀇鋐有限公司(Kwang Hung Craft Beer)」が手がけるオリジナルビールのブランドです。

高雄・啤酒(ビア)散歩 Part 1 [Beer walk in Kaohsiung Part 1]

「ビア散歩シリーズ」では、訪問回数の少ないお店、インタビューしていないお店、詳細な記事の準備中のお店をいち早く簡単に写真中心で紹介します。 「啤酒散步系列」為您介紹拜訪次數較少、尚未直接採訪,以及即將刊出正式報導的店家的以照片為主的簡單記事。 まずは台湾南部で台湾第二の都市、高雄から 10店舗を一気に紹介します。

臺虎精釀 啜飲室 大安 2.0

「啜飲室」は臺虎精釀(タイフ・ジンニャン)のプロダクツ(ビール)とサービスのショールームとしての位置づけのタップルームです。その一号店「啜飲室 大安(ツオインス・ダアン)」の突然の閉店から 1年半、満を持していよいよ「啜飲室 大安 2.0」のオープンです。場所は以前と同じエリアで MRT忠孝復興駅 3番出口からすぐです。現在、ステルスモードで試営中です。

smith&hsu 現代茶館

ビールに疲れたら台湾茶でもいかがでしょうか。永康街の茶藝館「永康茶書院 回留茶館 Hui Liu's」を紹介しましたが、今回はもっとカジュアルなお茶屋さんの紹介です。MRT西門駅から 5分ほどの「smith&hsu 現代茶館」です。

永康茶書院 回留茶館

ビールに疲れたら台湾茶でもいかがでしょうか。日本人観光客にも人気の永康街のお茶屋さん(茶藝館)「永康茶書院 回留茶館 Hui Liu's」の紹介です。

高雄啤酒音樂節 2017

本日、2018年7月6日から7月8日まで、台湾南部の大都市、高雄で「高雄啤酒音樂節 2018」が開催されます。昨年は7/21~7/23の開催でした。ちょうど高雄を旅行中だったので参加できましたが、今年は参加できないのが残念です。真夏の熱帯地方でのイベントなのでとにかく暑いです。人も多く、本当に熱気ムンムンでした。

秘境に秘宝!恆春3000啤酒博物館 Hengchun 3000 Brewseum

台湾の最南端のブルワリー「恆春3000啤酒博物館 Hengchun 3000 Brewseum」が所蔵する素晴らしいコレクションに圧倒されました。場所は台湾最南端の町、屏東(ピントン)県の恆春 (ヘンチュン)。アクセスは台灣高鐵(台湾新幹線)の南の終点、高雄の左營駅からバスで 2時間かけて 100Kmほど南下します。